ゼネグラ 通販

最近ゼネグラが人気の理由

ゼネグラとは?
●バイアグラと同成分のバイアグラジェネリック
●数あるバイアグラジェネリックでもダントツのコスパ
●効果はバッチリ!(実証済み)


↑私が購入・使用しているバイアグラ・カマグラ・ゼネグラ

 

ED治療薬の代名詞とも言えるバイアグラですが、意外に価格が高いため手が出ないという人も多いと思います。
しかし現在、バイアグラの有効成分であるシルデナフィルの製造法は特許が切れているので、多くのジェネリック品が販売されています。
バイアグラジェネリックとして最も有名なのは「カマグラ」ですが、最近は「ゼネグラ」の人気が急激に高まっています。
その理由はズバリ「安さ」です。

 

バイアグラ(ジェネリック)の価格比較

  バイアグラ(1箱4錠) カマグラ(1箱4錠) ゼネグラ(1箱8錠)
価格

6,024円

1,147円

1,479円

1錠あたりの価格

1,506円

287円

184円

※アイエスティの価格。価格は為替相場の影響などで日々変動します。

 

本家バイアグラに比べたらジェネリックのカマグラはかなり安く、それがカマグラの人気を支えてきましたが、ゼネグラはカマグラよりも3割ほど安いため、カマグラを使っていた人もゼネグラに乗り換える人が出てきています。

 

さらに、ゼネグラはまとめ買いすると大幅に安くなります。
4箱買うと 3,537円なので、1錠あたり110円になります(ほとんどの人は1/2に分割して使用するので実質55円になります)。

これ価格なら多くの人が安心して使えると思います。

 

→ゼネグラの価格・口コミはこちら

 

ゼネグラの最安値は?

ゼネグラを取り扱う業者はいくつかあります。
その中の大手業者の価格を調査してみました。

 

ゼネグラ1箱(8錠)の価格

A社:3,600円
B社:3,150円
C社:1,880円
D社:1,780円
アイエスティ:1,479円

 

私が調査した範囲内ではアイエスティが最安値でした。
なお、アイエスティの他、オオサカ堂、オランダ屋、JISAなども同価格ですが、これらのサイトの運営会社は同じです。アイエスティはその中でも男性用商品にフォーカスしています。

 

バイアグラとゼネグラの違い


左がバイアグラ、右がゼネグラ

 

バイアグラとゼネグラの違いですが、色はよく似ていますが形が違います。バイアグラはひし形でゼネグラは三角です。しかし、大きさはほとんど変わりません。

 

肝心の効果ですが、私が使ってみたところ違いは感じませんでした。

 

ED治療薬を初めて使う人なら、まずはジェネリックでなく先行薬を使ってみたいと思うかもしれませんが、1箱6千円ものお金を出して買う必要はないと思います。
ゼネグラのようなジェネリックで十分だと個人的には思います。

 

ゼネグラの効果の口コミ

いくら安いといっても効果がなければ意味がありません。
ゼネグラの成分はバイアグラと同じなので、効果も同じですが、メーカーが違うので若干効果の違いを感じる人もいるようです。

 

ここでは、ネット上のゼネグラの口コミをまとめました。
ただし、効果や副作用には個人差があるのでご了承下さい。
(一部表現を変えています)

 

●安くても効き目はバッチリです。

 

●他のバイアグラ系ED治療薬と異なり副作用が出ませんでした。

 

●飲んだら、30分位で元気になり、3時間位は効果が持続しました。

 

●コストパフォーマンス最高です。

 

●効果テキメンでしたが、不自然なものではなく妻にも気づかれませんでした。

 

●残念ながら私には効果はあまりありませんでした。

 

ゼネグラの口コミに関しては実際に購入した人の体験談がアイエスティのサイトに掲載されているので購入を検討されている方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

→ゼネグラの価格・口コミはこちら

 

実際にゼネグラを購入して使用してみました

実際にゼネグラを個人輸入で購入して使用してみました。

 

いつもの通りアイエスティで購入しました。
私はこれまでにもカマグラやバリフなど他のED治療薬を何度も注文しているので、ゼネグラの注文も数分で完了しました。
なお、個人輸入といっても実際は普通の通販と変わりません。サイトは日本語ですし、注文も商品をカートに入れて、後は名前と住所とクレジットカードの番号を入力するだけなので簡単です。

 

注文して5日後、シンガポールから到着しました。
箱にはゼネグラとは書かれてなくて、HEALTHCARE PRODUCTSと書かれています。

中身はこんな感じです。


 

これを1/4(シルデナフィル25mg)にして服用します。
私の場合は1/4ですが、通常は1/2で服用する人の方が多いようです。
私の場合カマグラで実験しましたが、1/4で十分なのでゼネグラも1/4で服用します。

 

しかし、錠剤を4分割するのって、結構難しく、ボロボロになることもあります。

 

でもまあなんとか1/4に相当するであろう分量を切り出すことができました。

 

いよいよ服用実験開始です。

 

まず、この日は朝一でオナニーで一発抜きました。
これでこの後は通常の刺激では勃起しなくなります。

 

12時食事。

 

16時服用。

 

10分後、血行が良くなる感じがしたので効いてきたのがわかります。
すぐさまエロ動画視聴。
すぐにピン立ち。
15分後フィニッシュ。
その間ずっと固いまま。

 

なお、4時間後にもエロ動画を見ましたが、その時も勃起しました。

 

以上、ゼネグラの効果を完全に感じることが出来ました。
なお、副作用は腹部膨満感がありました。
これはカマグラを服用する時も同じです。

 

効果も副作用もカマグラと同程度だと思います。
ただし、前にも書きましたが、ゼネグラの方が安い。

 

今後はカマグラからゼネグラにシフトしていこうと思います(^^)

→ゼネグラの価格・口コミはこちら

 

妻とのセックスにゼネグラを使ってみました!

オナニーでは効果が確認できましたが、あくまでそれは実験であって、実践で使えなくては意味がありません。
先日、妻とセックスする機会があったのでゼネグラを使って見ました。

 

我が家の性生活ですが、大体2週間に1度ぐらいです。
この日にやる、というのは決まって無くて、何となくの雰囲気で始まります。
なので、事前にED治療薬を飲んで準備する、という事がやりにくいです。
やると決まったら、その30分後には挿入することになるので、薬には即効性が強く求められます。

 

さて、その日も、そういう雰囲気になったので妻がシャワーを浴びに行きました。
その間に、急いでゼネグラを1/4にカットして服用しました。

 

その後、私もシャワーに行きましたが、時間を稼ぐためかなり丁寧に洗いました。
服用後、15分後ぐらいにベッドイン(正確には布団ですが)。

 

まだ、ゼネグラの効果を感じません。普段通り、勃起してもすぐに萎えてしまって、挿入できる状態になりません。

 

もっと時間を稼がねば、と思って10分ぐらいクンニをしました。
舌が疲れてきたので、ちょっと休憩している内に、血流が良くなる、あの感じがしてきたので、挿入しました。

 

時計を見ていたわけではないのですが、多分服用30分後ぐらいだと思います。

 

効き始めだったので効果が7割ぐらいの段階だったと思います。一応挿入可能な固さと持続力はありましたが、全開ではありません。やはり1時間前ぐらいには服用したかったところです。

 

それでも今回はギリギリセーフで、挿入に成功してよかったです(^^)

 

ゼネグラの成分とジェネリック薬

ゼネグラの有効成分は「シルデナフィル」であり、先行薬のバイアグラと同成分です。
バイアグラはファイザー製薬製ですが、ゼネグラはAlkem Laboratoriesというインドの製薬会社が製造しています。
バイアグラジェネリック、つまりシルデナフィルを有効成分とする商品は幾つもあります。
●カマグラ(Ajanta Pharma製)
●シルデグラ(アクタビス社製)
●カベルタ(Solrex Pharmaceuticals Co. 製)
●デグラ(Deva製)
●ベガ(Signature Pharmaceuticals Ltd製)
●ビゴラ(German Remedies製)
どれも同じような製品ではありますが、メーカーが違うため製造工程などに違いがある場合があり、若干効果が異なる可能性もあります。

 

上記のようにバイアグラジェネリックはいくつも種類がありますが、現在のところ最安なのはゼネグラです。
しかし、もっとも売れているのはカマグラで、口コミ評判も多数あります。そういう意味ではカマグラは安心です。
もし、ゼネグラやカマグラの効果に満足しないなら、他の商品をためしてみるといいでしょう。

 

もしくは、シアリス系ジェネリックである、「メガリス」「タダリス」「フォーゼスト」、あるいはレビトラ系ジェネリックである「バリフ」を試してみましょう。価格もバイアグラジェネリックとそれほど違いはありません。

 

ED治療薬ジェネリックの問題点

正規品と比較して非常に安いジェネリック品ですが、問題点も指摘されています。
ジェネリック品は有効成分は正規品と同じですが、製法が異なる場合があります。そのため、まったく同じ効果が得られるとは限りません。
しかし、ED治療薬ジェネリック(カマグラなど)の口コミ情報を見ると、概ね同様の効果を感じている人が多いようです。

 

また、海外から取り寄せるので、偽物や粗悪品が混じる可能性も考えられます。
これに関しては怪しげな業者から購入しないことが肝心です。例えば、自分で海外に行った際、露天などで購入したED治療薬で健康被害が出たというケースがありますが、それは避けるべきです。

 

最後に、ED治療薬ジェネリックは日本では認可されていません。それは日本人の体の健康に対して安全性の保証がないということを意味します。
実際、日本でも多くの人がED治療薬ジェネリックを使用しており、深刻な健康被害が出たという報告は稀です。しかし、万が一の場合、自己責任として国の責任を問うことはできません。さらに、心臓疾患のある人など、健康に問題のある人はED治療薬を使用してはいけません。正規品だと医師から処方されるので、そのあたりの判断は医師から指示がありますが、ジェネリック品は自分で自分の健康状態を判断して使用することになります。これも自己責任です。これに関して、心配な人はジェネリック品であっても医師に相談してから使用すべきです。

 

まとめると、ジェネリック品は非常に安価ですが、正規品ほど信頼性はありません。しかし、怪しげな業者から購入したり、健康に問題があるのに使用したりしなければ、実際のところ大きな問題になることは稀です。自分で判断し、自分で責任をとれる人にジェネリック品は推奨できます。自信がないなら病院に行って正規品を処方してもらいましょう。

 

ヤフー検索関連キーワード
ゼネグラ ちょび ひげ薬局

 

<リンク集>
メガマックスウルトラ